FC2 managemented FC2 managemented

こんばんは♪
「花森安治と暮らしの手帖展」私もすごーく行きたかったんです。
リーさんがうらやましい・・・。
プライベートな品々も気になります!!

これは あなたの手帖です・・・
の言葉、大好きです。
素敵なコピーですよね。
30年も使われているのに、色あせていない。
本当に手放せなくなる感じ。。。
こういう本こそがずっと残ってゆくのですね。

2006.04.11 22:05 URL | petitpomme #- [ 編集 ]

:::petitpommeさんへ:::
こんにちは!
暮らしの手帖展、とってもよかったですよ。
なかなかこうゆうイベントをやっているとわかっていても、新潟からはるばる行くとなるとちょっと大変ですもんね。
今回はちょうど出張と重なってラッキーでした。
petitpommeさんのおっしゃられているように、本当にいいものは何年経っても色あせませんね。
言葉も、イラストも、写真も・・・どれも今の時代に通用する素敵なものばかりでした。
今は暮らしに関する雑誌や本がたくさん出ていますが、内容のないものもけっこうあったりして、本を買う際は、見た目にだまされないようにしなくっちゃ!といつも言い聞かせています。
(けど、たまに衝動買いして失敗しちゃうこともよくあるのです・・・)

2006.04.14 10:45 URL | リー #vZ8/ezjk [ 編集 ]

私が小学生の頃、よく母が「暮らしの手帖」を読んでいたのを覚えています。
その頃は、なんだか「歳をとったら読む本」なのかなぁ…なんて思っていました。
自分がオトナになった今、改めてこの本を見ると、母が若い頃見ていたのもわかる
気がしました。
私が歳をとったというのではなく、この本がどの世代からも愛される
というのがわかりました。
ステキな本ですね。

2006.04.14 12:28 URL | Monsieur #rhC2X5bI [ 編集 ]

:::Monsieurさんへ:::
こんばんは!
今日はとっても気持ちのいい天気でしたね。
鳥屋野潟沿いの桜もちょうど満開で、今日何回か通ったのですが、仕事を途中でやめてお花見したくなっちゃいました。
Monsieurさんのお母様、暮らしの手帖を読まれていたのですね。
インターネットや今ほど雑誌もなかった時代、主婦にとってとって生活のお手本であり、これまで多くの方に愛されてきた本なんだなぁということが伝わりました。
ホント素敵な本です。

2006.04.17 19:08 URL | リー #vZ8/ezjk [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saku6555.blog6.fc2.com/tb.php/118-46e86fda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。